マンションリノベでここはケチるなっ!

リノベの基礎知識(マンション編)

神戸や大阪・阪神間でマンションや戸建て住宅にレトロ・アンティークやビンテージスタイルのリノベーションをご提案している一級建築士事務所です。今回は、マンションリノベーションでここは予算がオーバーしても絶対に削減対象にしない方が良い所をお伝えしていきます

マンションリノベでここは削減対象から外そう

マンションリノベーションですべてを叶えようとすることは難しいです。予算がある為に、どうしても削減していかなければいけない部分が必ず出てきます。その削減対象から真っ先に外すべき所は、洗面所または脱衣所の壁の仕上げです。

洗面所や脱衣所の壁をよくクロス仕上げにされる方が多いです。マンションの洗面所や脱衣所は、一番湿気やすくカビが生えやすい場所のひとつです。マンションの洗面所や脱衣所には、換気できる「窓」が付いていることがほとんどありません。その為唯一の換気方法が、換気扇です。

換気扇でももちろん空気の入替はできますが、窓を開けての換気と比べると劣ってしまいます。マンションの脱衣場や洗面所は、お風呂に隣接しお風呂上がりの熱気がもろに影響を受けます。その為最も熱気が溜まりやすく、結露の発生が頻繁に起こる場所になっています。

その為マンションの洗面所や脱衣所の壁をクロス仕上げにしてしまうと、結露などでクロスが痛みやすくなってしまいます。特にこういった場所には、調湿効果のある「珪藻土」などの仕上げにすることをおすすめします

珪藻土仕上げとクロス仕上げでは、はるかにクロス仕上げの方がコストを抑えられます。その為に予算がオーバーした時に、マンションの洗面所や脱衣所の壁を真っ先にクロス仕上げにしてコストを削減する。という方法を取られる業者さんもいますが、これは一時だけのコスト削減にしかなりません。

クロスが痛んでくればその都度張替えていけばいいのではないのか?と思うかもしれませんが、その都度クロス代や作業代、諸経費などが出てきます。一時だけを見れば、調湿効果のある珪藻土などはコストが高くなってしまいます

しかし長い目でみれば、クロス仕上げを採用するより調湿効果のある珪藻土などを採用することがコスト削減になります。珪藻土などの仕上げ材を使う事は、マンション特有の洗面所や脱衣所のような換気がしにくい場所には特に有効なんです。

ですので予算がオーバーしているからと言って、後々住んでいくに連れて最も支障がでそうな場所(洗面所・脱衣所)の仕上げ材を安易に変更しない。というのがマンションリノベーションでは、賢い予算の削減方法と言えます。

工事費の削減は、単にコストを抑える為ではなく以下に予算内に後々支障が出にくいようにするには?という事を考えながらするのが鉄則です。

 

私たちでは、中古物件探しから内覧・リノベーションに関するご相談など受け付けています。リノベーションに特化した一級建築士がご対応していますので、お気軽にお問合せ下さい。

リノベーションに関するご相談・お問い合わせはこちらから

中古物件探しからのリノベーションの方はこちらから

中古マンション・中古戸建住宅の購入前内覧ご同行からご希望の方はこちらから

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト