ドアサンプルと壁下地ボード張り作業(リノベーション 大阪)

THEレトロ(大阪府堺市団地リノベ)

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
1日1回クリックしてランキングにご協力ください

今日はほんといい天気ですね。暑いぐらいです!お休みの方もちらほらいるようで、羨ましい!!

さて昨日は、現場にてドアの仕上げに使う「突板」という材料を施主さんに決めて頂きました

突板は無垢材を薄くスライスしたもので、木目も綺麗にそろえる事ができる優れ物です。

無垢突板
ちょっと濃い感じと薄い感じ2色を用意してもらいました。どちらもいい感じなのですが

今回は濃い色目を使う予定です。そして今日は、壁下地のボード張り作業が進められていました。

今回は木軸下地とGL工法と言う工法の併用で壁下地を仕上げていきます。

綺麗にボード張られていました。さすがです!!しかし暑そうでした・・・

ボードの色が目立ちますが珪藻土塗られていくと、ぐっと締まってくるのでいい感じになりそうです
mail
047lgf

 

この記事を書いた人

吉村章弘
吉村章弘一級建築士
神戸・宝塚・西宮周辺を限定にマンション・戸建住宅にちょっと無骨な空間にレトロやアンティーク・ビンテージをプラスしたスタイルのリノベーションを専門にしている一級建築士事務所です。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト