気を付けるべき!「不動産さんのこの一言」

  • HOME
  • リノベーションで気をつけよう!不動産屋の「この一言!」

不動産屋からみの建築士・工務店は要注意

神戸や西宮・尼崎周辺でこれから中古マンションや中古戸建住宅を購入してリノベーションをする方、特に注意してほしいのが、不動産屋さんから絶対に言われるこの一言です。その一言とは・・・

「建築士さん・工務店さん紹介しますよ!」

一見親切な不動産屋さんだなぁ~と思いますが、この言葉につられてお願いしてしまうと思っていたリノベーションが出来なかったという事が起こってしまう場合もあります。何故?不動産屋さんからみの建築士さんや工務店さんに注意が必要なのかを見ていきたいと思います。

リノベーションの予算のスタートが既に違っている

不動産屋さんからみでリノベーションをお願いすると、すでに「予算のスタート」から違ってきます。それはなぜでしょうか?まずは事例で解説していきたいと思います。

AさんとBさんがいました。それぞれリノベーションに当てれる予算は、1000万円。Aさんは物件は、不動産屋さんリノベーションは自分で見つけた所にお願いしました。不動産屋さんには、不動産協会で決められた所定の仲介金額のみお支払しました。

一方Bさんは、自分で探すのをめんどくさがり不動産屋さんが紹介した建築士さんまたは工務店さんにお願いしました。同じように不動産屋さんには、Aさんの時と同様に所定の金額のみをお支払しました。

Aさん、Bさんともそれぞれリノベーションの予算なども含めて打ち合わせがスタートしました。それぞれの予算は、1000万円。Aさん、Bさん共1000万円でリノベーションができる。と思っていましたが、Bさんはできませんでした。

さてなぜ?Bさんはできなかったのでしょうか?答えは簡単なんです。建築士さんや工務店さんは、紹介された不動産屋さんに「紹介料」という物を支払するためです。全ての不動産屋さんがという訳ではないですが、ご紹介してもらったから何らかのお礼という形で支払われます。ではこの不動産屋さんに支払われる金額は何処から出すのでしょうか?建築士さん?それとも工務店さん?いえいえ違います。工事金額に上乗せされています。

つまり、元々1000万円で予算をみていた所実際は、不動産屋さんに支払われる「紹介料」のせいで、Bさんは1000万円よりも下回った予算でリノベーションを考えなくてはいけなくなってしまいました。

しかしBさんには、表向き1000万円の予算としていますが、実は裏で不動産屋さん・建築士さん・工務店さんはつながっているので、まさか「紹介料」などと言う物が取られているとは知らなかった。という事が現実にあります。

希望しているリノベーションがほとんどできないという現実

不動産屋さんから紹介してもらった建築士さんや工務店さんに、リノベーションをお願いすると希望しているリノベーションの雰囲気や間取りがまったく実現できない。という事が多々あります。

それは、不動産屋さんが希望しているリノベーションのテイストなどを理解していない。からなんです。理解せずに知り合いや取引のある建築士や工務店を紹介する。という為に起こってしまう事なんです。例えば求めているリノベーションのスタイルが、北欧風だったとします。紹介された建築士さんや工務店さんが、北欧風に優れていて得意がどうかなんてわかりません。単なる不動産屋さんの「横のつながり」だけで紹介しているんです。

だからほとんどの場合、希望するリノベーションと大きくかけ離れたリノベーションのプランがでてきます。そしてもう一度自分たちで依頼先を探す。といった羽目になってしまいます。

あくまでも不動産屋さんは中古物件の仲介にとどめるべき!

リノベーションをすることは、確かに大変です。物件を見に行ったりリノベーションの依頼先を探したり、はたまた中古物件を探したりと、することが沢山あります。少しでも楽をしたい。と思うのは、人間だれでもそうです。そういった所に付け込んでくるのが不動産屋さんの手口なんです。そして仲介料だけでは満足できずに、更にお客さんには内緒で裏で金額をとっている。というのが多々あります。

一見不動産屋さんからの紹介だから信用できるだろう。という考えは、リノベーションをミスリードに導きます。そして必ず後悔するのが落ちです。そうならない為にめんどくさがらずに自分でリノベーションの依頼先をみつけるのが賢明です。あくまでも「不動産屋さんは仲介のみ」を前提に考える方が、リノベーションの失敗を防げる手段です。