キッチン選びで迷ったら!対面式それとも壁付け??

リノベのキッチン選びの基礎知識

キッチンの配置で悩むのが、「対面」と「壁付け」どちらがいいのでしょうか?最近は、対面式が主流になっていますが、壁付け、対面式それぞれにメリット・デメリットが存在するので、それぞれについてみていきましょう。

まずは壁付けキッチンの場合

壁付けのキッチンのメリットは、なんといっても手元が隠れるという所。またキッチンの前の壁が、天井までの壁なので、水跳ねしても気にしなくて大丈夫な所でしょうか。

デメリットはリビングに対して背を向けるので、どちらかと言うと孤立感が出る所でしょうか。

一方対面キッチン場合

対面キッチンのメリットは、リビングの様子を見ながら家事が出来るという点でしょうか。比較的オープンなキッチンになるので、圧迫感が少ないという点もメリットですね。

一方デメリットは、なんといってもシンク前の壁が腰より少し高い程度なので水を勢いよくだし過ぎると水跳ねが結構あるという点。

対面も壁付けもそれぞれメリット・デメリットがあるので、どちらが良いのかという事は、一概に言えませんが「キッチンを中心」とした暮らし方をするなら、「対面式」一方リビングを中心とした暮らし方をするなら「壁付け」といった様に「暮らし方」を見つめなおして決める方が良いかと思います。

対面式にするとオープンな空間ができ、比較的空間に広がりがでやすいですし、壁付けにすると空間の広がりは出にくいですが、すっきりとした部屋になります。

キッチンの対面式と壁付けで迷ったら、とりあえず今の暮らし方を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT