リノベーションのキッチンこんな風に考えてます

リノベのキッチン選びの基礎知識

キッチン選びは、神戸や宝塚・尼崎にお住まいの皆さんが結構悩まれる部分のひとつです。キッチンだけでその日のお打合せが終わった・・・という過去もあります。それだけ今使っている「キッチン」が使いにくい。という不満をもっているという事ではないかと思います

キッチンで一番悩んでいるのが、やっぱり「何をどこにしまうか」という収納問題で悩まれる方が多いです。基本的に、私たちの場合、メーカーさんのシステムキッチンという物は使わない様にしています。高さの問題とか色々あり、出来る限り「オリジナル」としているのですが、悩ましいのは「引き出し」をどれだけ作るか?という部分です。

「調味料や調理器具といった物をどこにどれだけしまうか」によって、引き出しの数を変えているのですが、引き出しの取れるスペースには限りがある為、「収納と引き出しの数」でどう折り合いをつけるか?でいつも悩ましい部分です。

コンロの下やシンクの下は、コンロの器具の高さやシンクの高さ・配管などの関係上、あまり引き出しの数がとれない部分なのでそれ以外の部分で、出来る限り収納できるように引き出しの数を調整しているのですが、それでもやっぱりキッチンには、フライパンなどの大きな調理器具があるのでそういった大型な物は、引き出しで対応できない場合は、棚板を活用しています。

そしてもうひとつは、包丁をどこにしまうかですが、システムキッチンや昔のキッチンは収納部分のドアの内側にしまえる様になっていましたが、それは作業効率的にどうなんだろうという所があって、壁付けキッチンの場合は壁にマグネット式になった包丁収納を設けたりしています。壁付キッチンじゃない場合は、引き出しの一番上に包丁を終うようにしたりしています。

こうやってみていくと、システムキッチンの方が有利なんじゃないかと思うかもしれませんが、使い勝手の観点からみると断然「オリジナル」の方が有利なんです。システムキッチンは、キッチンの高さもある程度しか決めれませんし、収納できる引き出しの位置も高さも決まっています。一方オリジナルキッチンの場合は、キッチンの高さを1mm単位から決めれますし、引き出しや棚板の位置や高さも自由度が高いので、使い勝手を考えると断然「オリジナル」の方が有利なんですね。キッチンは、1日1回必ず使う場所なので、「使いやすさ」という観点は大事だと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト