リノベーションでキッチンの床材にタイルを使わない理由

リノベのキッチン選びの基礎知識

キッチンの床をどうするのか?リノベーションでご相談頂いた時に必ず悩まれている部分のひとつです。リビングやダイニングと同じ無垢材のフローリングにするのか?それとも「水を使う」という場所を考慮して、水に強い材料にするのか?という部分で悩まれる方が多いです。

キッチンと言う場所をまずは考えてみると、「水を使う」「水跳ねが気になる」=「水に強い素材」と言った感じになると思います。水に強い素材となると、真っ先に思い浮かぶのが「タイル」ではないでしょうか。

タイルは、水に強いので洗面所の壁やキッチンのシンク前など、比較的水を使う場所に使われています。そう考えると「キッチンの床」には、最も適した材料。となるのでしょうが、私たちのリノベーションでは、キッチンの床には「タイル」をあまり使わない様にしています。

その理由として、「割れやすい」のと「固い材の為足が疲れやすい」という所です。水に強いという所を考えれば、一番向いている材料なのかもしれませんが・・・

タイルを使わないとなると、何がいいのか?という所になってきます。これは難しい所で、リビングなどと同じ無垢材のフローリングで統一するのも良いですし、もしくはもう一つ「水に強い素材」のフロアタイルという材料もあります。

無垢材のフローリングで気になるのが「水跳ね」ですが、今までリノベーションでキッチンの床に無垢材を使われたお宅をみてみると、それほど気になるような事はないようです。

一方「フロアタイル」の方ですが、こちらは水に強く、張替えもそれほど手間が掛からないですし、なんといっても「種類」が多いので選択肢の幅が広がると思います。

床材ひとつとっても沢山の材料がある中で、どれが一番なのか?という考えるのもリノベーションの楽しみではないかと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト