このコーナーでは、大阪市阿倍野区での戸建て住宅リノベーション工事の風景や

工事の模様についてお伝えしています。

さて、解体工事が大方終了した大阪市阿倍野区のレトロスタイル戸建て住宅リノベーション

前回までは、壁や天井の下地工事の模様をお伝えしていましたが、現場の方はその下地に

石膏ボードというボードを張る工事と排水管の工事が進められています

ボード張りと新設排水管工事へと

壁や天井の下地にボードを貼る工事へと

さて現場の方は着々と進んでいっています。新しくできる壁や天井の下地に「石膏ボード」と

いわれるボードを張る工事へと進んで行っています。


壁や天井のボードが張られてくると、今まではなんとなくだった部屋の間取りが徐々に

見えてきます。また照明が付く場所などには、この段階であらかじめ配線を仕込んでおきます

新設の排水管も施工へと

リノベーションでたまに見かける「既存排水管」をそのまま利用する事が多々あるようです。

しかしこれは、水漏れの原因にもなるので「排水管」などのライフラインは一新します。



新しくお風呂や洗面所の場所を移動するために、排水管のルートを決め排水管を施工していきます

この時きちんと排水管の勾配が取られているかをチェックします。勾配が取られていないと

水が流れませんので、後々問題が発生します。

リノベーションでは思わぬアイテムが出てきたり!

リノベーションでは、解体している時に思わぬアイテムが出てきたりします。今回解体し

これはなんとか見せて使えないかと思ったのが、「既存のガス管」です。


元々は天井裏に隠れていたガス管ですが、天井高を今回は上げるために室内にガス管が見える

取るかどうか悩み所だったのですが、いい感じの味があるために室内にあえて見せてみよう!

という事になりました。リノベーションでは、たまに想定していない事が起こるので

今回は良い意味で思わぬアイテムでした。この部分は丁度階段の上り口付近になる為

鉄骨の梁とガス管が見えて、ちょっと「インダストリアル感」がでるのではないかと思います

 

私たちは、宝塚市や神戸・大阪周辺でのリノベーションをご提案しています。

またどんなリノベーションにしたいのかをお聞きし、住まいの専門家の

一級建築士が最大限実現できるようにしています。どんな所にリノベーションを依頼すれば

いいのかわからないと迷ったなら、まずは私たちの1日1組限定の無料相談会をご利用して

みてください。また無料相談会以外でも、リノベーションについて知りたいと思われる方は

是非お問合せ下さい。

1日1組限定のリノベーション無料相談会について

神戸周辺のリノベーションに関するお問合せ