【頻繁に起こる】マンションの結露問題と対策を考える

その他

このコーナーでは、中古マンションのリノベーション(全面リフォーム)や中古マンション購入でのポイントや情報を発信しています。今回は、マンションで頻繁に起こる「結露」について問題点と解決方法について考えたいと思います。

マンション住まいのほとんどの方が悩んでいる「結露問題」

マンションで結露はなぜ起こる??

マンション住まいの方ならほとんどの方が、冬場の「結露」で悩まされた経験があるのではないでしょうか?クローゼットの洋服が湿っている、窓際の窓枠がカビで悩まされている北側の部屋の壁がカビだらけ・・・など結露によっておこる問題。そもそもマンションで結露はなぜ起こるのでしょうか?

冬場室内では、暖房器具により暖められた空気が水蒸気となり窓などに付着します。その時、窓は室内側と室外側では表面の温度が違います。室内側は暖かく室外側は、外気で冷やされた空気に触れている為冷たいです。この窓の表面温度差によって「結露」は発生します。

またマンションは、コンクリートで出来ている為「隙間」が、ないのが原因でもあります。隙間がないという事はどういうことでしょうか?

木造の建築物は、柱と柱との間が一定の間隔であいています。この間隔が「隙間」となり若干の風を通します。よく「隙間風」という言葉をお聞きになったことがあると思います。一方マンションは、コンクリートを流して固めて壁が作られているので隙間がまったくできない構造になっています。その為暖められた空気(水蒸気)が、にげる場所がなくなり、外気の冷たい空気と室内の暖かい空気が直接ぶつかりその境目で結露が発生するという具合です。

クローゼットや玄関・北側の部屋は特に「結露」が発生しやすい


クローゼットの洋服が湿っている、北側の部屋が湿気ている、玄関のドアや靴が濡れているという経験をしたことはありませんか?マンションでは、最も結露が発生しやすい場所がクローゼットや北側の部屋、玄関です。

◎クローゼットで結露が起こる原因

クローゼットが配置される場所は、部屋と部屋が接する壁に面して配置されるケースが多いです。クローゼットは、比較的小スペースの上尚且つドアが閉められたままという場合が多いためリビングや浴室の暖かい空気(水蒸気)が、クローゼット内に侵入し元々冷たい空気が充満していたクローゼット内の空気(水蒸気)とぶつかり結露が発生します

◎北側の部屋で結露が起こる原因

マンションの間取りで一般的に多い間取りが、南北に部屋を配置する間取りです。北側に配置される部屋は、比較的人の出入りが少ないために空気の入れ替えがリビングなどに比べると少ない事と、1日中日が当たらないという要素から結露が発生しやすくなっています。冷たい空気は冷たい場所に流れるという特性のため、1日中日が当たらない、空気の入れ替えが少ない北側の部屋で結露が発生してしまいます

◎玄関で結露が起こる原因

玄関も比較的北側に面して配置される場合が多いのが、マンションの特徴です。北側の部屋と同様に、1日中日が当たらないという要素から結露が発生しやすいのともうひとつ玄関特有の問題があります。それは「玄関ドア」です。最近のマンションでは、「断熱構造」の玄関ドアが使われていますが、ほとんどの中古マンションでは、断熱対策をされたドアではなく、鉄の冷たいドアが使われています。その為室内の暖かい空気と鉄の冷たい空気が直接当たり結露が発生してしまいます。(ただ中古マンションの場合、玄関ドアを交換する事が出来ない為(共有部に該当)玄関ドアの結露対策は、間取りなどの別の視点から対策が必要です)

結露で起こり得る問題点

結露を発生したままにしておくと、壁や床がカビだらけになり部屋がカビ臭くなったりカビが知らぬ間に体の中に侵入して病気になる可能性もあります。またクロスが捲れたり壁自体がカビに覆われて建物自体を傷つける可能性もあります。

結露を防ぐ方法と対策

結露を極力発生させないようにするには、一番効果があるのは「換気」です。常に空気を入れ替えることが一番効果がありますが、頻繁に窓を開けたり閉めたりできないのが現実です。そこで「結露対策」として取りいれるべき方法は、「断熱」「二重窓」の二つになります。まずは断熱からみていきましょう。

断熱材を充填する


コンクリートの壁と室内の壁の間に、「断熱材」をいれる方法です。直接外気の冷たい空気と室内の暖かい空気を触れさせない為に、壁と壁の間に層を設けてあげます。断熱材がクッションになり冷たい空気と暖かい空気が直接ふれないようになります。また断熱材を充填してあげると夏場のクーラーで冷やされた空気や冬場の暖房で暖められた空気が逃げにくくなるので光熱費の削減にもなります。但し断熱材を充填する場合、断熱材の材料の厚さ分だけ部屋の中に出てきてしまいますので、今より多少部屋の広さが狭くなります。

二重窓を設けて対策


窓をもう一つ設けて対策する方法です。「二重窓」といわれています。この方法も窓と窓の間にもうひとつ層(空気層)を設ける事で、暖かい空気と冷たい空気を直接触れさせない様にしています。主にこの二重窓は、窓の結露対策で効果を発揮します。また二重窓にすることで外の騒音も遮断する効果があるため、騒音対策でも有効です。

結露問題は深刻な問題

マンションにお住まいの方にとっては、結露問題は深刻な問題です。私たちの所にも結露で悩まれている方から度々相談があります。また中古マンションを購入してリノベーションをする方のお話を聞くと、現在の住まいで悩まれているのが「結露」と言う方が多いようです。マンションの場合、あまり結露や断熱を考慮して建てられていません。その理由は少しでもコストを抑えまた、室内の広さを優先しているからです。

結露対策では、「換気」が最も効果があります。中古マンションを購入して全面リフォームをとお考えの方にまずは、部屋の端から端まで風が流れる(換気できる)間取りと面積に余裕がある場合は、必ず断熱材の重点、二重窓の設置を強くオススメしています。またコスト面で厳しい場合でも、二重窓は絶対取り付る。ということをお話しさせてもらっています。今「結露」でお悩みの方で、リノベーションまでは考えていなくても二重窓を取り付けるだけで、結露は軽減できるので一度お問合せ下さい。

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT