リノベーション時に「家事ラクラク」になるテクニックをお教えします!

リノベのキッチン選びの基礎知識

マンションにお住まいの方で普段の家事作業、もう少しラクになれば作業効率がはかどるのにと思っている方は多いのではないでしょうか?朝の朝食の準備に、洗濯の準備、小さい子供がいらっしゃるご家庭では更に忙しい朝の時間・・・もっと効率よく家事作業が出来たらどんなにラクか・・・家事効率を悪くしている、大きな原因は「間取り」です。「間取り」が良くなれば、家事の作業効率は、ずっとよくなります。「間取り」を見直した方は、家事効率が良くなり朝の家事作業の効率が断然よくなっています。それだけ、「間取り」は家事作業に大きく影響をあたえる事なので見直すべき箇所です。今回は、家事をラクラクに快適プランのテクニックをお伝えしたいと思います。

家事ラクラクプランで快適にするテクニック

リノベーションで家事を快適に

リノベーションを考えた方の多くに、「家事作業」の効率を良くしたいという要望は多いです。それだけ今の「間取り」では、家事効率が悪い、と感じている方が多いという事ですね。家事効率がよくなる間取りやテクニックを順に見ていきたいと思います。

テクニック1 水回りとキッチンを繋げて洗濯動線との連動

キッチンから水回りへとつながる動線を作る事で洗濯機を回している間に、家事作業ができる様にすると、「ながら作業」ができ時間の短縮になります小さな子供がいらっしゃるご家庭では、家事作業をしながら、子供の歯磨きなどの様子もみれる様になりますし、また水回りへの動線を確保すると、水回り部分が近くに配置される為に、コストも削減されるメリットもあります。

 

テクニック2 洗濯機のそばにあると便利な収納

洗面所には、沢山の洗剤やタオルなどがどのご家庭にもあるのではないでしょうか。小さな小物類は、意外と置き場所に困る事もあります。洗面所で使う物を洗面所にまとめておける棚板などを設ける事でわざわざ違う所に取りに行く事もなくなりますしまた作業効率もはかどり、ストレスもなくなります

 

 

 

テクニック3 室内干し用のバーを設ける

雨の日の洗濯物を干す場所や花粉の季節に、洗濯物に花粉がついて困る、ということで悩んでいる方は多いようです。マンションの様に干す場所が、限られている建物には、多くの方が悩んでいます。お部屋の何処かに、「室内干し用のバー」を設置すると雨の日や花粉の季節に大活躍してくれます。

 

テクニック4 シンク下をオープンにして

キッチンのごみ箱置場に困った、という事がありませんか?意外とゴミ箱の置場に悩んでいる人が多いです。シンク下やコンロ下をオープンにすることでゴミ箱が収納できたり、また湿気がこもりにくいというメリットもあります。

 

 

テクニック5 奥行のあるカウンターで作業をしやすく

キッチンの後ろに、奥行のあるカウンターを設けると大変便利です。買い物から戻って食材を広げたり炊飯器やポットを置いたり、調理中に必要な道具をスタンバイさせとく、といった使い方もできます。

 

 

テクニック6 出し入れがラクなオープン収納を組み合わせる

ほこりの問題なので、扉をつけた収納にしがちですが大きなものや玄関の収納・キッチンの電子レンジやオーブントースターなどを置く棚は、オープン棚とすることで、扉を開けなくてもすぐに使えるので使い勝手もよくなります。隠す収納と見せる収納を上手く組み合わせる事で、家事効率もはかどります。

 

 

 

まとめ

家事作業の効率をあげるもっとも効果的な方法は、「間取り」を見直す事です。間取りを変えてあげる事で、家事効率はよくなります。家事の負担を軽くする仕組み、家事動線の良い間取りは、暮らしがスムーズに流れます。家事ラクラクプランで、心地よい住まいをめざしましょう。

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT