北摂地域吹田周辺で探す中古マンションの物件選びについて

その他

中古マンションの値段がどんどん上がってきているのご存知ですか??最近は「消費税増税前に買うべき」とよくいわれていますが、色々な不動産関係者の方に聞くと意見がバラバラなんです。でも不動産関係者の方の話の中で、意見が一致しているのが、「中古マンションの値段が上がっている」という意見です。少し前までは、比較的妥当な値段だったそうですが、近年のリノベーションブームの影響もあるのか値段が高騰しているようです。

この流れは、売る側も買い手側も判断が難しい状況になってきたのかな?と思うのですが・・・比較的物件価格を抑えてリノベーション代の方に金額を当て、こだわりのある住まいというのが、リノベーションの本来あるべき姿だと思います。物件価格が上がると選べる物件も限られてくるわけで、その分リノベーション代の方にしわ寄せが来るのが問題になってきそうです。特に人気のエリアの吹田や神戸・西宮当たりは、競争が激しいそうです。

もうひとつ面白い事を不動産屋さんが教えてくれました。よくある物件購入からサポートしますというリノベーション。俗に言う「ワンストップリノベーション」の物件紹介のほとんどが、なかなか売れない物件を斡旋しているそうです。またほとんどが、スーモなどの不動産ポータルサイトで閲覧できる物件だそうなので、「だまされたらあかんよ」と不動産屋さんが教えてくれました。

こういうのどうなんでしょう??如何にも独自の物件ルートがあるみたいな感じにとらえてしまうのではないかと思うのですが・・・

またもうひとつが、「中古マンションを買い取ってリノベした物件の再販売」。リノベーションは、元々住む人のこだわりが、一戸建て住宅を購入するよりも金額的に手に入れやすいというのが、リノベーションの醍醐味だったわけで。これだと今までの「単なるリフォーム」となんら変わらないと思うのですが・・・言葉をリフォームからリノベーションに変えただけの様に思うのですが。

なんかリノベーションという方向が、またまた良くない方向に行きそうな感じがしてるのですがどうなんでしょうかね。

建築業界って少しやっぱりおかしい所だと思います。人の命に係わる家を資格を持っていなくても設計やリフォーム・リノベーションできるというのが、ずっと不思議でして。弁護資格もってないと弁護できないですし、自動車整備士の資格を持ってないと整備できないわけですよね。やっぱり建築業界は変わってます・・・

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT