西宮のマンションリノベーションで考える「トイレ」の仕上げ

リノベーション成功への道

マンションリノベーションで、優先順位といえば「リビングやキッチン」と言う方が多いですが、結構忘れがちな「トイレ」の壁や床の仕上げ材料をどうするか?という所。意外に忘れがちで、「どうしましょう」とお聞きしてから考える方が多いです。そこで今回は「トイレ」の仕上げ材料について見ていきたいと思います

マンションリノベーションのトイレの仕上げ材

マンションや戸建て住宅のリノベーションでのトイレの床や壁の仕上げ材は、色々考えられます。例えばリビングなどと同じように床は、無垢材のフローリングを使ったり壁は、コストを抑える為にクロス材などにと言った感じで、選択肢は無限にあります。その中からどんな仕上げ材にするかを選定するのは、一苦労ではないでしょうか。

まずはどうトイレを考えるか?を検討してみる

トイレという空間は、1坪くらいの小さな空間です。まずはその空間をどう考えるか?を検討してみてはいかがでしょうか。小さい空間だからこそ、リビングやその他の部屋と同じように統一感を持たせるのか?それとも小さい空間だからあえて冒険してみるという考え方もありだと思います。

とにかく水跳ねを防ぎ掃除を楽にするという考え方

トイレ掃除やお風呂掃除は、とにかくめんどくさい。と感じる方が多いのではないでしょうか。特にトイレは、急な来客などあった時に、あわてて掃除をしなくてはといった経験は、誰しもあるのではないでしょうか。「出来るだけ掃除を楽にしたい」というご要望が多いのもそういった事が関係しているのかもしれません。

そこでトイレの床や壁の仕上げ材を出来るだけ「掃除のしやすい材料」にする事をおすすめしています。


よく飛び跳ねや水跳ねが起こる、腰から下部分を掃除のしやすい「タイル」にしてみる事も掃除を楽にする方法です。また床材は、水に強い材料を選択する事も掃除を楽にする方法のひとつです。リビングなどと同じ無垢材で、統一する事も考えられますが、無垢材の場合水に濡れると、すぐに拭かないと水の形が残りやすいという欠点があります。でも一般的によく使われている「CFシート」と言われる材料では、いまいち・・・と言う方にお勧めなのが、「フロアタイル」という材料です。

このフロアタイルは、水に強く一見見た感じ無垢材そのものの様に節なども再現されています。


また種類も多く施工が比較的容易なので、コスト面でも良い方法だと思います。

小さい空間だからこそ「色で遊ぶ」

リビングなどの大きな空間で壁の色などをちょっと遊んでみるというのは、少し冒険が必要です。でもどこかで挑戦してみたいという方には、トイレなどの小さな空間でチャレンジしてみるという方法もあります。色は大きな面でみると、明るい色ほど野暮ったく見えてきますが、小さい面だと空間が締まって見えてきます。


例えばちょっとノスタルジックな色を入れてみるとか、すこし遊び心を取り入れやすい空間です。但し注意して頂きたいのが、「柄物」を4面すべてに使う事です。小さい空間に柄物を4面すべてに使ってしまうと、空間自体がうるさくなってしまいます。柄物を取り入れたい場合は、1面だけにするという法則をお忘れなく。

忘れがちなトイレの仕上げもちょっと考えて選ぶ

リノベーションで、リビングやキッチンと言った場所は比較的こだわって選ぶ方が多いですが、トイレなどとなると結構忘れがちな方が多いです。トイレという空間は、来客時にお客様も使うかもしれませんしできるだけお洒落に魅せたい部分でもあります。また掃除もしやすくした方がベストですし。普段の使い方を少し見直して使いやすく尚且つお洒落で掃除もしやすい「トイレ」にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT