このコーナーでは、現在神戸市須磨区でリノベーション中の工事風景などを

お伝えしています。

解体から間仕切り壁の施工に

先日から始まりました、神戸市須磨区でのリノベーション工事。解体作業からまずは

取り掛かっていきます。


既存の壁や天井・洗面台・お風呂などをひとつひとつコンクリートだけの状態に

壊していきます。


元々キッチンがあった場所、給水管やガス管は解体のときにはとりあえず残しておきます。

ここから新しい配管に交換されて、新しくなるキッチンや洗面などに接続されます


廃材も全部搬出されコンクリートだけの状態になりました。綺麗に解体されました

さてこの段階で一先ず、図面通りにいくのか?をチェックします。今回も大きな問題は

なさそうでしたが、当初予定していなかった部分に梁がでてきました。

特にこの梁のせいで、プラン変更になるような事はないのですが解体してみないと

解らない所があるのが、リノベーションの特徴でしょうか。その為リノベーションでは

常に臨機応変な変更が必要な所だと思います。


解体が終わると新しくできる壁の下地を建てていきます。この下地には木を使う場合も

ありますし、軽天といわれる金属の物を持ちいりる場合もあります。

どちらかと言うと木の方が扱いやすいのです。

まだまだ下地を建て初めてた所なので、新しくなる部屋の大きさやイメージが

掴みにくい所ですが、これから下地が出来てくると段々と大きさなども掴んで行けるのでは

ないかと思います。秘密基地・・・そんなお部屋を目指していきたいと思います

 

私たちは、宝塚市や神戸・大阪周辺でのリノベーションをご提案しています。

またどんなリノベーションにしたいのかをお聞きし、住まいの専門家の

一級建築士が最大限実現できるようにしています。どんな所にリノベーションを依頼すれば

いいのかわからないと迷ったなら、まずは私たちの1日1組限定の無料相談会をご利用して

みてください。また無料相談会以外でも、リノベーションについて知りたいと思われる方は

是非お問合せ下さい。

1日1組限定のリノベーション無料相談会について

神戸周辺のリノベーションに関するお問合せ

大阪・神戸周辺のリノベーションに関する資料請求