資料請求を頂いても営業活動をしない理由について

リノベーションの裏方通信

リノベーションを考えている人の中で、工事の依頼先は結構悩む所ではないですか。いくつかの目ぼしい会社を見つけてとりあえず「資料請求」から行動を起こす方が多いのではないかと思います。

私たちがお送りしている資料は、A4版のファイル閉じの資料です。他社さんの様なカタログではなくて申し訳ないのですが・・・でも中身は結構勉強になることを書かせてもらってます。特に構造や結露・断熱などに設計例も少し載せています。

この資料を送った後ですが、基本的にはご連絡(営業)はしません。営業はした方がいいのでしょうが・・・資料請求を頂いてる段階では、まだ検討中ではないかと思います。

今はリノベーションもいっぱい会社がある中で、資料請求するという事は「情報収集中」という事だと思うんです。家つくりって結構なお金が動くので、失敗したくない。と思って情報集めの最中に「どうですか?」とか「相談会ありますよ」とか言われると、ちょっと催促している感じがしてリノベーションに興味がなくなるのでは?と考えてしまいます。

特に私たちのリノベーションの場合、偏ったスタイルなわけで「好きな人」と「嫌いな人」に真っ二つに分かれると思うんです。中にはちょっと違ったなぁと思う方もいるはずなので、「待つ」というスタンスです。

資料をみたりホームページをみたりしながら、少しでも魅力や興味を持って頂けたら自然とご縁ができるのではないかと思うのですが。また家つくりとなると、解らない事ばかりだと思うのでそういう解らない事を「知ろう」ということが大事だと思います。というか「資料請求」を頂いた段階で既に知ろうと動いているという事だと思います。

もしご縁ができて私たちにご相談頂いた時は、色々話した中で、具体的に私たちで勧めていくのかどうかを判断してもらってから、具体的に進めていきます。

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT