電球色の電球を使う方が生活を豊かにすると思うのですが

照明

リノベーションでの照明器具の配置には、特に気をつけながら考えているのですがその中でも「電球の明かり」には蛍光灯色(白っぽい明かり)ではなく、電球色と言われる黄色みの明かりの電球を使ってもらうようにしています。使ってもらうという事なんですが、照明器具は基本お客様で購入してもらってます。業者さんを通すと値段が上がってしまうので、ネットなどで気にいった物を購入してもらい取り付けしているので、「使ってもらう」と言う風になっています。

さてどうして「電球色」の電球を使ってもらうかと言いますと、生活にゆとりがでるのではないかと個人的には思う訳です。電球色の電球は、蛍光灯色に比べると明るくはないですがその分「暖かみ」や「雰囲気」といった部分が勝ると思います。

電球色の明かりの特徴は、黄色みの明かりの為部屋全体を暖色に包み込んでくれます。その為「暖かみ」と言った部分が蛍光灯色の白っぽい明かりの様な冷たい雰囲気は一切感じないと実感しています。

またこういった少し無骨な照明器具の場合は、電球色の方が照明器具の持つ雰囲気を壊さずに明かりを取る事ができるのではないかと思います。

但し電球色の電球の場合、「暗い」という弱点があります。暗いといっても生活するのに差し支えが出る暗さではないですが、勉強する机などに設置する場合は不向きです。その場合は、蛍光灯色を設置するようにしています。

電球色は、蛍光灯色に比べ「暗い」ですが「冷たさ」を感じない為時間の感じ方にゆとりがもてるのではないかと思います。特に電気をつける夜のゆっくりくつろぎたい時に、ちょうど良い明るさが「電球色」の明かりです。また夜電気をつけてもらうと解るのですが、電球色と蛍光灯色では部屋の雰囲気がガラッと変わります。棚に置いている物の見え方一つがほんとに変わってきます。それぐらい電球の明るさで、部屋のイメージが変わってきます。

部屋の見え方が変わるという事は、個人的に時間の感じ方も変わると思います。この「時間」は時刻の事ではなく、部屋で過ごす過ごし方の事で、ゆとりが生まれるのではないかと思います。ただ電球色は「暗い」という事があるので、この暗さを個数を少し多くしたり、テーブルライトなどで補いながら計画していく事が大事かなと思います。

関連記事一覧

ブログリスト

お問い合わせ