専門分野だからこそ勉強しなくていけないのではないかと思うのです

リノベーションの裏方通信

先日私用で横浜・東京と行ってきたのですが、その時に立ち寄った服屋さんの店主の方がとても「プロだな」という思いがしたので、少しお話ししたいと思います。

その店は、看板など一切出さずまた洋服屋さんが密集している所をあえて外した場所にあります。私も初めてだったので一緒にいった知人に連れて行ってもらいました。まずここの店主さんの何が凄いかというと

「服へのこだわりが凄い!」

例えば、この店で売っているオリジナルの服の製法からその服が持つ役割やどうしてそういう風に作られているのかなどひとつひとつ説明してくれます。なんでここまでされるかと言うと、私たちが普段服を買う時店員さんは「似合わない」とか「そういう着方は若い人がすればいい」とかという少しマイナスな事は言わないと思います。

でもここの店主の方は、マイナスの事むちゃくちゃ言います!最初ちょっと腹立ちますが・・・でも話を聞いていくうちに考え方が変わります。私たちは、どちらかと言うと「黒」や「グレー」系の合わせやすい洋服を選んでしまう傾向ありませんか?でも外国では決してこういう色は、「選ばない」そうです。それはなぜか??黒やグレーは死神とか悪魔とかそっち系のカラーだからそうです。そして私たちがよく言う「人とかぶるのは嫌」、でもここの店主さんは「被ったていいじゃない、もしかしてそれ個性とか思ってる?」と言います。店主さん曰く、「それは個性じゃなく人のまねが嫌なだけだよ。」「かっこいいパンツ・かっこいいジャケットそれを自分がどう着るか?だよ」と・・・・

言われてみればそうですよね、洋服に限らず自分がどうしたいか?という事は大事だと思います。ここの店主さんと話していると「このひと洋服のプロだわぁ」と思ってしまいます。

他にも色々あって、私たちが普段買っている洋服屋さんにもついて結構言いますが、店主さん曰く「洋服を売るならちゃんと洋服の勉強しろ!洋服屋も免許制にした方が良い」という事を言っていました。

つまり「人に洋服を売る立場なら洋服の事を知っていないとダメ」という事でした。これってなにも洋服に限らず、どんな物でもそうではないかと私は思います。これはリノベーションでも言える事だと思います。

「リノベーション」というあり方を提供するなら、きちんと建築の知識が必要だと思います。その知識があるかどうかの判断基準が、「免許」だと思うのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト