現場監理ってむちゃくちゃ大事だと思うんです

リノベーションの裏方通信

リノベーションに限らず新築でも「現場監理」ってむちゃくちゃ大事だと思うんです。でもこの「現場監理」、結構いい加減な所がほとんどで、1週間に1回とか2回ぐらい現場に来るとかだと、まだ良い方でもっと最悪なのがまったく来ないという所もあるんです。私が思う現場監理が何故大事なのかを少しお話ししたいと思います。

そもそも「現場監理」と聞いて何をするのか?という所ですが、これは「お客さんに変わって現場をチェックすること」だと私は思います。工事の進み具合や図面通り施工されているのか?、不具合が出ていないか?などをチェックする。これが「現場監理」の重要な所だと思います。

お客さん自身が「現場を毎日チェックする」という事が出来るなら、私は「現場監理費」というのはいらないと思います。でもそれは現実的に無理だと思います。お仕事やお家の用事、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭などあり、お客さん自身が毎日現場を見る事は難しい。また本当にこれが正しい施工方法なのかなどの建築的立場から判断する事も難しいと思うんです。

それらをひっくるめて「現場をチェックする」だからこそ「現場監理費」という対価をもらう訳で、週に1回や2回程度現場に来るぐらいならばそれは、「現場監理」をしているとは言わないと思うのです。毎日現場を確認してこそ「現場監理」だと思います。

公共工事だと毎日「現場監理者」が現場にいます。それは工事の安全・近隣住民さんへの配慮・適切に工事がされているか?など全てをチェックするために毎日現場にいます。

リノベーションのプランやデザインをするのは、建築関係者ならほとんどの方がやりたい所なんです。でも大事なのは、その後の工事だと思います。いくらデザインやプランが素晴らしくても、手抜き工事や施工不慮、近隣住民さんへの配慮などを怠ってしまうとなんの意味もないと思うのです。だからこそ「現場監理は毎日行くべき」だと思うんです。

でも実際は、ほとんどが「職人さん任せ」というのが現状なんです。私はプランやデザインももちろん大事だと思いますが、やっぱり「現場監理」が一番大事だと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト