リノベーションでよくお問合せ頂く「タオル掛け」について

リノベーションの裏方通信, 棚板・足場板

リノベーションでの洗面所やキッチンなどに設置する「タオル掛け」。施主支給となっている場合が多く、私たちのリノベーションで取り付けている「タオル掛け」によくお問合せを頂きます。

所詮「タオル掛け」なんでしょうが、雰囲気に合う物がない。と思われている方が多いのではないでしょうか。私たちが取り付けている物は、本当は販売したい所なんですが基本的には、販売ができません。その理由として「取り付けが少し複雑」という理由からなんですが、こういうタオル掛けもあるよと言った感じで、リノベーションの参考にしてもらえればと思います。

基本的な構造は、至ってシンプルです。アイアンとオーク材で出来ています。オーク材の先端の四角い部分が「キャップ」の様になっていて、それを他の部分を取り付けた後にはめ込むだけなんですが、このはめ込みが少し複雑すぎてほとんどの大工さんにお願いするとお断りされるようです。それが販売できない原因なんです。

先端の四角い部分と中央の長い四角い部分が、真っ直ぐに取りつけないといけないのですがこれが少々コツが必要で初めて取り付ける方にとっては、難しい所なんです。

少々複雑な構成をしているんですが、その分他にはない「タオル掛け」です。インターネットなので探してもらっても同じような物はないと思います。それだけ細部まで拘って作りたい。という思いがあります。

本当はお問合せ頂いた方にも使ってもらいたいのですが、これ以上構造を単純化できない。という所でして・・・遠方は少し無理ですが、近場であればタオル掛けだけでも取り付けできますし、また私たちのリノベーションではほぼ取り付けしてますので、気になる方は一度お問合せ下さい。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト