リフォームローンで必ず必要な見積書について

リノベの正しい依頼先選びの方法

マンションや戸建て住宅のリノベーションをお考えの方のほとんどが、リノベーション費用を銀行などからローンを組んでリノベーションされると思います。その場合、まず銀行さんの「審査」というのが一番最初に必要になってくるのですが、この「審査」に必ず必要なのが「工事業者の見積書」です。

プランや壁の仕上げなども決まってないのに見積書ってできるの??というのが率直な疑問の所ですが、それは問題ありません。銀行さんもいきなり「本審査」にはいるのではなく、まずは仮審査から始まります。この時まずは、業者さんに予算内の見積書を作ってもらえば基本的には問題ありません。

仮審査の間に、プランや各部屋の仕上げなどを決め実際の金額を詰めていきます。さてここで「仮審査」に必要な見積書の注意ポイントを少しご説明したいと思います

銀行さんの中には、この見積書を提出したのちの業者変更を認めないところもあります。業者さん変更の場合は、一から手続きをし直しとなる為、ローンの審査を申し込む前までにはリノベーション業者さんを決めておくべきです。

次にこれはその人の「モラル」の問題ですが、ローンの為だけ見積書を業者さんに依頼し、ローンが通ればその業者さんにはお断りし違うリノベーション業者さんにお願いする。という方がいます。もちろんリノベーション業者さんの選定は、その方の自由ですがローン用の見積りを作成した業者さんにとっては、時間や労力を割いて作成しているわけですから業者さんからしてみれば、依頼をもらえないお客さんのローン審査だけ通し実際の工事依頼がもらえない。となると何のためのなのか?という風になってしまいます。

この場合、いくら複数のリノベーション業者さんに相談しています。と事前に言っていてもローン審査を申し込む前にリノベーション業者さんを決め、そのリノベーション業者さんに見積書の作成依頼をするのが筋です。こういう方本当にいるの?と思うかもしれませんが、まれにいます。

ほとんどの業者さんで、銀行ローン用のお見積り作成に費用が発生することはないと思います。その時点でリノベーションの業者さんは決まっているからです。でも上記の様な場合、ローン用の見積書を作成した業者さんから費用を請求される場合もあります。費用が発生することは聞いていない。という事も思うかもしれませんが、現実にその見積書でローン審査は通っているわけですから、費用を請求されても仕方いことです。費用を払いたくないとなれば、ローン申請を一旦取りやめ、再度審査をしてもらうのが筋道です。

ただそうなった場合、時間と労力だけが無駄になってしまいますので、銀行用ローン審査を申し込む前にはきちんとリノベーション業者さんを決めてからローン審査をするようにしましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト