リノベーションの現場監理について

リノベの正しい依頼先選びの方法

リノベーションの現場監理ってなに??

新築でもリノベーションでも「現場監理」という項目が、お見積もりなどにでてきます。そもそも現場監理とはなにをするのか?果たして必要なのか?などこれから神戸や尼崎・宝塚などでリノベーションをご検討中の方へ現場監理について少しご説明していきたいと思います。

リノベーションの現場監理の大切さ

中古の戸建てでもマンションでも、リノベーションでは「現場監理」が重要になってきます。一見リノベーション図面が一式あれば問題なく工事は進むのではないの?と思われがちですが、現場監理なしで進めると失敗の元。大工さんなどの職人さんは、基本リノベーション図面一式を見ながら工事を進めていきます。しかしそこにはどうしても図面では表現できない所や現場と図面が相違している場合が、リノベーションでは頻繁に起こります。

そういったとき大工さんたちは、ここはどうすればいいのか?となり一旦現場監理者に確認します。そうしてからその部分を進めていきます。しかしここで「現場監理」がなければ勝手に進められたりもしてしまいます。また現場監理は、図面通り工事が進んでいるのか?や建物の不具合はないか?工事の進行状況などさまざまことをチェックします。

現場監理は誰がするのがベストなのか?

基本現場監理は、誰でも出来ると言えばできます。お客様ご自身がされても良いですし、リノベーション会社の社員さんがされても良いです。但し一番注意しなければいけないのが、「リノベーションに対して臨機応変に対応できるか」という所です。リノベーション中は、大工さんや電気屋さんなどの職人さんからあらゆる質問や確認が、バンバン飛んできます。その確認や質問に対してどうするかを話し合いしながら決めていくので、それなりに建築の知識が必要になってきます。そうやって考えると、そのリノベーションを設計・計画した人が一番現場監理に向いていると思います。

現場監理費って必要なの?

お見積もり時に必ず「現場監理費」という項目がでてきます。金額でいうとそこそこの金額が計上されてきます。もちろん現場監理費は、お客様自身で監理するとなると必要ない経費ですが実際は無理なのでお客様に代わって私たちの様な建築士やリノベーション会社の施工主任者などが監理するので、この現場監理費は必要な金額となります。但し現場監理費を計上しておいて、ほぼ現場任せというリノベーション会社も現実にあります。

リノベーションをと思い立ってほとんどの方は、リノベーションの依頼先にご要望などをお伝えすると思います。その際に現場監理は、「誰が」「だれくらいの頻度で」も合わせて確認するほうが良いです。下手したらまったく当のリノベーション会社の人は「こない・・・」という事もありえますから。

まとめ

現場監理の大切さを少しご説明してきましたが、実際に全然現場に来ない現場監理者もいるんです。特にリノベーションをされる方が増えてき、その分リノベーションの依頼先も増えてきています。その中には工事の過程を見に来ないとか、見に来てもチンプンカンプンなことを平気で言う方もいるんです。現場監理の役目は大切で、間違っていれば指摘しなくてはいけないですし、職人さん方から納まりの方法など容赦なく質問されます。リノベーションする時は、現場監理も含めてリノベーションの依頼先を選定するのもお忘れなく。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト