これ知ってて損はない!建築士と設計士の違い

リノベの正しい依頼先選びの方法

神戸や阪神間でマンションや戸建て住宅をリノベーションする時に、「知ってて損はない」情報を発信しています。今回は、よく混同されやすい「建築士と設計士」の違いについてです。

建築士?設計士?なにが違うの?

さて皆さんは、建築士や設計士といった言葉をお聞きになったことがあると思います。どちらも設計したりデザインしたりするので同じなんじゃないか?と思われがちですが、全く違ってきます。

例えばこれからリノベーションをご検討されている方が、リノベーション会社を選ぶときにも重要になってくるので違いを覚えておくと損はないです。

早速その違いについてご説明していきたいと思います。建築士と設計士の大きな違いは、国家資格を持っているか?が大きな違いです。建築士は、国家資格を持っている人だけが名乗れる資格です。その一方で設計士は、国家資格を持っていなくても名乗れるという点があります。

つまり設計士は、「私は設計士です」と誰でもが名乗れるという事です。

建築士と設計士の仕事の違い

建築業界では、建築士という資格を持たずに設計や補助業務に携わる方を「設計士」と言います。設計士という資格は存在しません。

設計士と建築士の仕事の大きな違いは、建築士は建物の設計や監理を仕事とする一方で、設計士は、建築士の設計業務のサポートなどがメインの仕事となります。但し建築士の中でも、1級・2級・木造とありそれぞれ設計や監理できる規模が決まっています。

また小規模やリノベーションの様に資格がなくてもできる場合があり、よくリノベーションをしている会社さんなどで「設計士です」と名乗られている方の多くは、建築士の資格を持っていない場合が多いです。

リノベーションでは、建築士・設計士共に設計やデザイン・監理などできますが建築の知識を幅広く持っているのは、建築士の方が多い傾向があります。

リノベーション会社を選ぶ一つの基準として

リノベーションの依頼先選びで、対応する方が建築士か設計士か重要なポイントの一つになってきます。リノベーションは、基本建築士の資格がなくてもできる範囲ですが、設計士はあくまでも建築士ではなく、建築士のサポートがメインの業務です。しかし設計士の中でも、デザイン力やコミユニケーション力に優れた方もいます

一概に設計士だからダメとかではないですが、リノベーションも建築の一つです。元ある箱(外側の躯体)をそのまま残して内部は、一から作っていくこと以外新築と何ら変わりありません。

いくらデザイン力やコミュニケーション力などに優れている設計士と言っても、「無資格」です。誰かの家を設計・監理するなら最低限持っていなくてはいけないのが、建築士という資格ではないかと思います

今新築よりも中古マンションや中古戸建住宅をリノベーションする方が増えてきています。その分色んなリノベーション会社があります。その中から自分たちにあったリノベーション会社はどこなのか?選ぶ基準の一つが、建築士なのか設計士なのかも重要な要因になります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト