同じ面積・同じスタイルでも最大200万円得する!!

私たちのリノベーションは、スタイル・断熱・結露・家事動線に特に重点をおいています

しかしこれらをすべて叶えようと思うと材料や手間賃などがかなり掛かってきます

実際に他社さんでは、70平米から80平米のマンションで設計料も含めての

総工事金額は、900万円から1000万円ぐらいが平均です。

しかし私たちのリノベーションでは、同じ面積で更に性能やこだわったスタイル・材料などを

使ってもそれ以下の金額で叶えられます。それはなぜか?を順にご説明していきたいと思います

1:出来るだけ工事費にお金をかけてもらいたいから経費は抑えます

諸経費には、色々含まれています。交通費やプランの作成費・その他人件費など他社さんでは

この諸経費が大きく工事費のウエイトを占めてきています。しかし私たちでは、出来る限り

工事費にお金を割り当てて頂きたいので、出来る限り諸経費は抑える様にしています

2:設計・監理費も基本的に抑える様にしています

どんな工事にも設計・監理費という費用が発生してきます。この設計・監理費というのは

明確に決められている訳ではない為、それぞれがいくらという感じで決めています。

その為他社さんでは、ほとんどが工事金額の10%という具合になっています

しかしこの設計・監理料10%は、実際に工事金額が出てきて解る事です

そこで私たちでは、事前にこの「設計・監理料」を把握できるように、面積ごとに1平米

いくらという具合に設定しています。 ※設計・監理料について

またこの設計・監理料を出来るだけ抑え、工事金額に重点を置ける様にしています

3:予算に合わせたプランニング

一番最初のプランニングでは、使いたい物や使いたい素材など全ての要望を取り込みますが

その為、必ず予算がオーバーしている場合がほとんどです。そこでご予算をお聞きし

その予算にあったプランニングや変更してもスタイルやイメージに支障がでない素材などを

ご提案しています。そうする事により予算内でご希望のイメージ・スタイルなどの

リノベーションが出来る様にしています。

4:金額を抑えるからと言って手抜きや監理を怠りません!

他社さんよりも金額面では抑える様にしていますが、だからと言って手抜きや監理を怠る様な

事は一切しておりません。それはせっかくご予算内でリノベーション出来ても手抜きや監理を

怠るようなリノベーションでは、本末転倒だと思います。その為私たちでは、出来る限り

1日1回は現場に行き、工事の状況や連絡などをするように、「現場ノート」という物を

現場に備え付けています。この現場ノートは、工事で不安に思っている事や気になる事

工事の状況などなんでも書いてもらうようにしています。

まずは私たちの見学会や相談会・OBさん訪問にご参加ください

私たちでは、毎週週末に相談会やリノベーション見学会・そしてOBさんのお宅訪問を

開催しています。見学会では、実際にリノベーションでどう変わるのか?などをご覧いただき

また相談会では、どんな風に工事が進んでいくのか?初めてのリノベーションでご不安の事

などなんでもご相談いただけます。そしてOBさんお宅ご訪問では、実際に弊社で

リノベーションされた方の、直接のお声が聞けます。工事中の不安事や工事後の生活風景

などをご参考にして頂ける内容になっています。

リノベーションOBさんお宅訪問!

1日1組限定のリノベーション無料相談会について

神戸周辺のリノベーションに関するお問合せ