リノベーションを考えている人の理由は、さまざまではないでしょうか。水回りが

古くなってきたからや収納スペースが少なく困っている、部屋が手狭になってきた

などなど。今回はそんな中でもリノベーションで絶対取り入れたい「靴収納」に

ついてご説明していきたいと思います。

靴が溢れて困っているかた必見!

小さい子供や家族分の靴、少ない様で実は結構な数になってませんか?

意外に靴は、場所も取るしバラバラになりやすいので綺麗に収納したいといった

ご要望はかなり多いのが現実です。特にマンションや団地と言った場合

下足入れは限られている為に、収納できない靴は玄関に出しぱなし・・・

そんな困ったをリノベーションで解決した事例をご紹介したいと思います

棚板を移動できる可動式にしてすっきり収納


靴といってもスニーカーやブーツといった丈がさまざまな靴が存在します。

スニーカーの様に丈が短い物だけが収納できれば、今度はブーツの様な丈が長い物が

収納出来なくなってしまい、結局玄関周りの靴収納がすっきりしない。

そういう時は、棚板の高さを自由に変えれる「可動式」という収納方法がオススメ。

自由に棚板の高さを変えれるので、スニーカーやブーツ、はたまたミドル丈の物まで

綺麗にまとめて収納できるのが、「可動式」の良い所です。

収納する靴を事前に決めて高さを決めた靴収納

棚板の高さを自由に変えれる「可動式」とうって変って、こちらは事前に収納する靴の

場所を決めた事例です。


丈の長いブーツなどは、一番下に収納しその他はその上に収納といった靴収納です。

事前に収納する場所を決めておくことが大事ですが、見た目もすっきりしまた

脱いだ靴を元の場所に戻す習慣も身に付き、玄関がより一層綺麗になるのでは

ないでしょうか。

傘かけを併用した靴収納


靴の収納以外にも困るのが、傘ではないでしょうか。皆さんのご自宅に傘はかなりの

本数があるのでは?傘立てを置けば玄関に邪魔になったりしていませんか?

こちらの事例では、傘掛けも併設した靴収納となっています。画像右側のステンレスの

パイプが傘を掛ける場所になっています。傘は意外に収納に困っている方が多いようです

靴収納を同じくらい、玄関を占領するのが傘の様です。

玄関はすっきり収納で来客時でもあわてない

マンションや団地では、靴を収納できる「下足入れ」の大きさが小さすぎて収納できない

といった事がよくあります。靴が玄関に溢れて来客時にあわてて片づけたなんて事も

多々あるようです。また傘も結構場所をとるのですっきり収納したいといったご要望も

多いです。リノベーションで玄関収納にも、一工夫してみてすっきりした玄関にしてみては

いかがでしょうか?よく玄関はその家の「顔」ともいいますしね。