リノベーションで取り入れたい「有孔ボードとオーク突板のドア」

リノベーションの裏方通信

マンションや戸建て住宅のリノベーションで私たちがよく取り入れているのが、オークの突板のドアです。ドアはほとんど開きドアではなくアウトセットと言われる壁の外に付く引戸とすることが多いです。

オーク材の突板ドアは、無塗装の為クリアで仕上げる場合と染色と言われる色を付ける場合があります。クリアで仕上げた場合と染色仕上げにした場合のどちらもそれぞれオークの木目が引き立ち、既製品にはない独特の雰囲気があります。

オーク材を使用する一番理由は、木目が非常に綺麗なところです。また一番目の写真の様に黒いラインのエイジングを入れたりもします。

また最近リノベーションでご要望が多いのが、有孔ボード(ゆうこうボード)と言われる数個の孔が空いたボードを使用する場合が増えてきています。一般的に有孔ボードは、シナ材と言われる材料が多いのですがウォールナットやオーク材の突板で作ることもできます。

その他にもドアと同じようにシナ材の有孔ボードを染色したりもできます。

有孔ボードは、市販のフックを使って帽子など収納される方が多いので玄関や壁の一面にリノベーションで取り入れてみるのも良いかと思います。

市販のドアでも同じオーク材のドアがありますが、木目をプリントした物が多く残念な所です。せっかくのリノベーションですしプリントではないドアを選定してみてはいかがでしょうか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト