マンションリノベーションでどんなドアを選ぶ??

リノベーションの裏方通信

マンションリノベーションを考えている人にとって、どんなドアにしようか?と悩みどころではないでしょうか?色や形、引戸にすかそれとも開戸にしようか。取っ手はどんなのにしようかと、ドア一つにとっても色々あります。今回は、マンションリノベーションでのドア選びの参考にいくつかご紹介。

突板(つきいた)で作る木のドア

マンションリノベーションのドアでオススメしたいのが、突板(つきいた)という材料で作る木のドアです。木のドアと言えば、無垢材。と思われがちですが無垢材でドアを作ると相当な金額になってきます。また余程入念に乾燥させないと無垢材のドアは反ってしまいます。

一方突板と言う素材は、薄く木をスライスしパネルに張り合わせた物で木の雰囲気を損なわず、また無垢材の様に反りも少ないので木のドアを取り入れたい方にはオススメです。またコストも一般のドアに比べてさほど高くなく、コスト的にもオススメです。



また突板は、色々な木の種類でできますが一番のオススメは「オーク」と「ウオールナット」です。どちらも木目が綺麗でまたエイジングをしたりオイルで着色したりもできます。

塗装で作るドア

木のドア以外にも塗装という方法もあります。塗装の場合は、色々な色のドアが作れるという所が利点です。黒にしたり少し灰色がかった黒などと言った細かな要望も塗装ドアではできます。しかしその分、塗る人の腕に左右されてきます。塗装ドアは、現場でローラーを使って塗装していくため塗る人によっては、ローラーのムラがくっきりわかる場合もあります。特に濃いめの色を選択した時は、光の当たり具合によっては目立つ場合もあります。

バーンドアというドア

突板のドアや塗装ドア以外にもバーンドアというドアもあります。バーンは納屋や倉庫と言う意味があり同じ引戸でもレールが少し無骨な感じのドアです。

ドア本体を2個の滑車付きの金具で吊り、レールにはめ込むといった作りになっています。レール金物が非常に存在感があり、レールそのものがインテリアとしても十分存在感があります。

番外編

見てきたドアは一から作るというドアでしたが、メーカーさんのドアでも最近は特徴的なドアが出てきています。

例えばパナソニックさんのクラフトレーベルというドアは、今まで既製品ドアを塗装することは難しかったですが好きな色に塗装が出来るというドアです。

パナソニック クラフトレーベル

これは結構画期的だなと思います。ただし塗装できるドアが限られていますので少し注意が必要です。

マンションリノベーションでのドア選びをみてきましたが、ガラスを入れたりと拘りのドア作りが出来るのもリノベーションの醍醐味です。リノベーションでのドアの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト