リノベのコダワリのひとつ私たちの「造作ドア」

リノベーションの裏方通信

リノベーションのコダワリのひとつに「造作ドア」があります。メーカーさんの扱うドアではなく、ひとつひとつ手作りのドアを作っています。造作ドアは、リノベーション会社さんでも取り入れているところがありますが私たちの造作ドアは、少し他とは違う所があります。

造作ドアは、いつもリノベーション工事を担当してくれる工務店さんにお願いして作ってもらっているのですが、その際に主に採用するドアの木の種類が、「オーク材」と「ウオールナット材」のどちらかが一番多く採用しています。もちろん他の材種を選定するときもあります。

でなにが違うかと言うと、他社さんで採用しているオーク材やウオールナット材とは少し違う表情を取り入れてくれています。


まずはオーク材の造作ドアですが、木目に少し手を加えてより木目が目立つようにしてくれてます。他社さんのオーク材のドアと比べてもらうと一目で違いがわかると思います。少し黒ずんだ表情を取り入れる場合と取り入れない場合と選択もできます。


次にウオールナットですが、こちらも他社さんでよく見るウオールナットとは少し違います。白木の木目も含めたウオールナットになっているので、よりウオールナットの濃い部分が引き立つ木目になっています。よく見かけるウオールナットやオークの様な感じではなく、よりコダワリが詰まったオリジナルの造作ドアになっています。

これらのドアは、オイルを塗って色を付けることも出来ます。一番多いのはクリア塗装をして木目をより引き立たせる場合が多いです。またこれ以外にも塗装で仕上げる塗装ドアも取り入れたりしています。またこれらの素材は、キッチンや棚板などにも取り入れたりしています。リノベーションでコダワリのドアを採用してみては如何でしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト