古くて新しい家とは??

わたしたちがご提案している「古くて新しい家」について

  • HOME
  • 「古くて新しい家」とはどんな家?

古くて新しい家とは・・・

さて皆さんは、古くて新しい家と聞いてどんなスタイルを思い浮かべるでしょうか?わたしたちの「古くて新しい家」についてご説明いたします

いわゆる「普通」の家は作りません

私たちの「古くて新しい家」は、倉庫の雰囲気だったりアンティークな雑貨屋さんやお洒落な古着屋さんの雰囲気だったり、昔のアメリカ映画やドラマに出てきそうな雰囲気だったり、昔おばあちゃんの家にあったような雰囲気だったりそんな雰囲気を取り入れています。なのでいわゆる「普通の家」は作りません。

古い物と新しい物を融合させた家しか作りません

ペンキの付いた足場板やレトロなタイルやフローリング、納屋で使われていた木板など新品には決して出せない雰囲気があります。しかしそれらすべてを「家に使う」となると、非常に難しいのが現実です。材料の確保やコストの問題など、いくつかの問題をクリアしなくてはいけません。また味のあるこれらの材料が引き立つのは、新しい物と古い物がそれぞれ融合した時に、初めて引きたつのではないかと思います

古い物だけで囲まれたお家では、単なる「古いだけ」となってしまいます。古い味のある物を上手に取り入れて、今の新しい物を上手く融合させています。

古いが「似・合・う」家しか作りません

高価なビテージ家具だけが似合うという意味ではなく、少し作りがちゃちい椅子やソファ、シンプルなんだけど古さもあるシェルフ、文字盤が如何にもな感じの時計、古いポスターなどが似合う家しかつくりません。

なにより「古さ!」のある家しかつくりません

真新しい家は作りません!なにより「古さ」のある家しか作りません