私たちのリノベーションについて

  • HOME
  • 私たちのリノベーションについて

ちょっと無骨でレトロでビンテージでアンティークのある暮らし

どこにでもありそうなマンションや戸建住宅。玄関のドアを開ければ、少し汚れた土間が広がり、レトロな雰囲気のタイルが貼られたキッチンや裸電球が吊り下げられたリビング・・・オシャレなカフェの様な雰囲気だったり、レトロな雑貨屋さんの雰囲気だったり、アンティークショップの雰囲気だったり、お気に入りの古い物に囲まれて流れる1日の時間・・・

そんな憧れの「暮らし」を作るのが、私たちのリノベーションです。私たちのリノベーションを一言で言うと「古い雰囲気のお部屋」と言う言葉がぴったりかと思います。

色んなスタイルの住宅がある中で、私たちが「古い感じの部屋」に拘っているのは、やっぱり一番は「こういう感じが好きだ」ということです。人それぞれ好きな雰囲気や嫌いな雰囲気が、あると思います。それは部屋の雰囲気(イメージ)でもそうだと思います。

例えば、私たちの様な「古い雰囲気」が好きな人と話していると、自然と話が盛り上がります。それは、同じ好きな物の感覚や感性が似ているからだと思います。これは家のイメージでも同じことが言えるのではないでしょうか。

多分ないとは思いますが、私たちに「和風なイメージでお願いします」と言われたら、正直できません。と言うと思います。家づくりで大事なのは、フィーリングやその人と同じ感覚や感性に共感できるということではないかと思うのです。

リノベーションの基本的な考え方

機能性を重視しながら古い雰囲気を取り込んでいます

私たちが目指しているリノベーションは、まずは機能性を重視します。使いやすさは、人によって違いますが、主に部屋の隅から隅まで風が抜ける間取りや、家事効率を上げる動線計画、限られた空間でも広く見せる工夫や断熱・結露・防音対策などといった機能面の利便性を最大限追求し、そこにテイストとしてビンテージ感の持つ空気感を兼ね備えたリノベーションです。また古くなった設備・各配管設備を一新し使っていく内に味の出ていく素材の無機質なアイアンや真鍮・レンガやタイルコンクリートなどの素材と木や珪藻土などと言った有機質な素材を組み合わせたリフォームです。古るい雰囲気も残しながら機能性を重視したリノベーションです。

ドアは引戸を基本として考えます

プランニングにおいて大事にしているひとつとして、「ドア」です。特にマンションでは、細長い廊下にドアが並べて配置される傾向があります。開き戸だと、ドアを開いた時に邪魔になったり物を入れる時にドアが干渉したりし生活上開き戸が日常の動作を邪魔しているという事があげられます。またマンションの北側の部屋は、比較的風が抜けない事が多く、カビや結露といった現状が頻繁におこります。この対策として有効なのが「換気」ですが開き戸だとドアを開けっ放しにすると、ドアが邪魔になったり風でドアが勢いよく締まってしまい破損したりという事があります。その為マンションでは、引戸の方が向いていると考え、基本ドアは引戸を使っています。また今マンションに住まれている方の多くが、日常でドアが邪魔になっているというご相談をよくお聞きします。如何に日常で開きドアが邪魔しているのか・・・

風を取りこむ事で部屋中を換気できる間取りです

特にマンションの様に南北もしくは東西に部屋が配置されやすい建物の場合、南や東面の部屋は、比較的風を取り込みやすいですが、北や西面に配置される部屋は、風が取り込みにくくカビや結露の発生の原因になってしまいます。結露やカビを防止するには、上記でも説明しましたが、「換気」が一番効果があり、その為には家の隅から隅まで換気ができる様にする必要があります。そこで換気が出来る様に、壁と壁の間に「室内窓」やドアを引戸にすることで部屋の端から端まで風が流れる様な部屋のプランを重視しています

キッチンを家の中心(核)にしたプランです

キッチンを家の中心(核)と考え、そこを中心にリビングや各部屋へと繋がるプランです。玄関から廊下を通ってキッチンの前を通りリビングへといった感じで、必ずキッチンの前を通る事で共働きが多くなった現代のライフスタイルに「食を通して共通の時間」を確保しています。またキッチンからなるべくすべての部屋が見渡せる様な間取りとしています

シンプルで使いやすさ・動線を重視します

基本的には、ざっくりとしつつ無駄のないシンプルなデザインです。最近よく見る「男前インテリア」や「カフェの様なスタイル」などの様にごちゃごちゃっとした感じではなく、ビンテージ感を兼ね備えたレトロな雰囲気で、シンプルにかつ作業効率を考えた配置計画を重視しています。例えばキッチンに居ながら洗濯ができるような「ながら作業」ができる間取りを優先しています。

断熱や結露対策・防音対策といった部分にこだわります

マンションや戸建住宅で一番多い悩みが、「結露」です。特にマンションは気密性が高く断熱性が低い建物です。その為結露やカビといった現象が一戸建てに比べ発生しやすいのが、マンション生活での最大の問題点です。特に北側の部屋は一日中日か当たらないというマンション独特の間取り、そして閉鎖がちな間取りの為風が端から端まで行きわたらない。という事がカビや結露を更に保進します。また古い戸建住宅は、断熱材が劣化し機能を発揮していないという事がよく見かけられます。よく「洋服がカビだらけになってしまった」というのを聞きます。カビや結露対策として、「換気」が一番効果がありますが、頻繁に窓を開けておく事はなかなかできない所でもあるため、少しでもカビの発生を防ぐ効果として断熱や二重窓を設置する「断熱・結露対策」を優先します。またマンションは、比較的幹線道路に面して建っている為、騒音も気になる所です。車の音でテレビなどが、聞こえにくいという相談もよくいただきます。防音対策として最も効果があるのが、「二重窓」です。二重窓は、カビ対策としても有効です。ですので二重窓などを設置して、防音対策にも配慮します。

あれば便利をプラスします

あれば便利という物をプラスしています。例えば雨の日の洗濯物などの干す場所。ベランダしか干せない。という場合室内に干せる場所を確保したりします。なくても困らないかもしれませんが、あれば非常に便利な物をプラスしたリノベーション計画としています。

すべてを選んでもらいながらのオンリーワンハウスです

壁の仕上げや床の素材・ドアの素材・電気のスイッチやタイルなどすべてを選んでもらうオンリーワンハウスです。最初から決められた物の中から選ぶ大手やリノベ会社さんと違い使いたい物を使いたい所に選べるリノベーションです。ただ予算がありますのである程度の選定はありますが、基本的に取り決められた素材などは、一切ありません。

このページの最後に

思っている事をすべてお伝えできればいいのですが、如何せん文章を考えるのが下手くそなもんで・・・でも一つだけ今いえる事は、「楽しく安心したリノベーション」をお約束します