リフォームに適した物件か
自分で判断する自信ありますか?

中古マンションを購入しようと思い、良い物件が見つかり、いざ!内覧へ

と思ってもどんな所を見ればいいのか、またどんなマンションが良いのかわからないですよね?

 

よく言われている、新耐震基準を満たしたマンションが良いとか、管理が行き届いている物が

よいなどとか、中古マンション選びでよく言われていますが、私たち建築士は、更に深い部分を

重要視しています。その部分についてお伝えしていきたいと思います。

中古マンション選びで「ここ」を重要視しています

上の階ほど人気がありますが・・・

1階や2階は、防犯の面の問題や地震の時に押しつぶされそうといった問題から、あまり

人気がなく上の階ほど人気がありますよね。上階にいくほど、防犯面や地震の点から下階より

安全と思われる方が多いからだと思います。しかし上階にいけばいくほど、防犯面で安全では

ないです。屋上にたどり着けさえすれば、いとも簡単にお部屋に入れてしまい、上階なので

人の目につきにくいですし、地震の面では、マンションは、細長い建物が多いため、

上階にいけばいくほど「振り子」の状態になり「揺れ幅が大きく」なり、小さい地震でも

大きな地震の様に感じるといった事があります。その為、最上階付近よりも中間階の方が

防犯の面や地震の面からみても良いと思います。

新耐震は、あくまでも目安

中古マンションをお探し中の方なら、必ず重要視している「新耐震基準」という基準。

これは地震の多い日本では、地震時に倒壊しないように決められた基準です。

1981年の6月以前から「耐震基準」という物がありましたが、それ以降は更に厳しい

「新耐震基準」というものにかわりました。

中古マンション選びで、地震時に倒壊しにくいひとつの基準としてマンション選びに

活用されていますが、これはあくまでも「目安」です。新耐震基準以降の建物だから

安全ではなく、また新耐震以前の建物だから危険という事でもないということです。

マンションの形状で判断できる地震に弱い建物

新耐震基準もひとつの中古マンション選びの基準ですが、新耐震基準があくまでも「目安」

という理由は、そのマンションの形状にも関係してくるからです。地震に強い建物は

「正方形」や「長方形」といわれています。この理由は、単純な形状な建物ほど地震時に

力を均等に分散してくれます。一方ぼこぼこした歪な形状の建物は、力が均等に

分散しにくいので、倒壊しやすい建物と言われています。その為中古マンション選びでは

新耐震基準も目安とみながら、できるだけ均等な形状かどうかも確認しましょう

1階の形状でわかるやめとくべき物件

マンションの形状の他に、もうひとつやめておく物件があります。それは1階の部分が

大きな吹抜けになっているマンションや1階部分がすべて駐車場の様な空間に

なっている物件です。大きな空間は、他の部分に比べて構造的に「弱い」部分です。

地震の時に、力は弱い所に集中し倒壊しやすくなります。その為1階に大きな吹抜けや

駐車場の様な大空間の中古マンションは、やめておく物件といっていいでしょう。

専門家に同行してもらうのが一番よい方法です

中古マンションを選ぶ時に、管理の状態や新耐震基準かどうかなどは、選ぶ際の基準と

言われていますが、一般の方でも確認しやすい所のひとつです。しかし「構造的な部分」は

判断しにくい所ですので、中古マンションの内覧時には、専門家に同行してもらい

「構造的な部分」からも判断してもらう方が、一番良い方法です。

 

私たちは、中古マンションのリノベーション・リフォームに特化した一級建築士事務所です

今まで沢山のマンションのリフォームやマンションの設計などに携わってきた経験をもとに

リノベーション・全面リフォームに適した中古マンションの調査のお手伝いをいたします

 

その他にも内覧時に気づいた点などもご説明しています。このご同行調査をご依頼頂いたからと

いって、必ず私たちで「リノベーション」しなくては、いけないと言う事ではありません。

※また費用等は一切かかりませんし、営業等も致しませんのでご安心下さい

ご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご記入下さい。

印は必須です

お名前

フリガナ

メールアドレス

お電話番号半角ハイフンなし

ご住所

ご相談・お問合せ等