造作建具も吊こみされてきました(神戸戸建てリノベーション)

神戸市O様邸戸建て住宅リノベーション, リノベーション現場中継

神戸市でリノベーション中の戸建て住宅。各部屋の造作ドアが設置されてきました。今回は「バーン金物」という金物を使っています。レール自体がお部屋のアクセントになる粋なレールです!

仮つり込みしたところ。まだドア本体は、無塗装の状態。このあとオイルフィニッシュというオイルを塗りこむ仕上げになります。また取手は、掘り込みの引戸取手を使っていますがアイアンのちょった無骨な取手にしてみても良いですね。

またこのバーン金物のいいところは、ドアが外しやすいという所。レールに滑車が掛かっているだけなのでドアを持ち上げて上げるとドアの取り外しが簡単にできる。もちろん下には、ちゃんと掘り込みがされているので落ちてくるっていう事はないです。

オイル塗装がされると、また違った表情になるので楽しみです。

この記事を書いた人

吉村章弘
吉村章弘一級建築士
神戸・宝塚・西宮周辺を限定にマンション・戸建住宅にちょっと無骨な空間にレトロやアンティーク・ビンテージをプラスしたスタイルのリノベーションを専門にしている一級建築士事務所です。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト