マンションを神戸でリノベーションする時に絶対取り入れたい!二重窓!

マンションリノベーションの勉強

内窓・ペアガラスはリノベーションで取入れるべき

神戸や大阪周辺でマンション住まいの方ならほとんどの方が経験しているのではないでしょうか?

冬の窓際の「結露」。朝の忙しい時間に、結露した窓の水滴を拭いているという方、多いのでは。そこで今回は、リノベーションをする時に絶対取り入れたい「二重窓」についてご説明です。

結露対策には二重窓を取り入れよう!

二重窓ってどんなもの??

まずは、二重窓とはどんな物なのでしょうか?簡単にご説明すると、今ついている「窓」の室内側にもうひとつ窓を設けるという事です。インプラスとかプラマードとか言われています。

YKKプラマードより画像参照

引用元:YKK

マンション住まいの場合、今ついている窓やガラスを結露しにくいサッシに交換する事は、簡単ではありません。管理組合の承認が必要な為に、なかなか交換ができません。

特に築古マンションでは、金属製のサッシの為に結露が頻繁に起こっている場合があります。そこでもっとも簡単に結露対策できるのが、この「二重窓」という訳です。

どうして二重窓で結露対策できるの??

二重窓を設けるだけで結露対策ができるのか?という疑問点がでてくると思います。その説明の前に、まずは結露が起こるメカニズムを少しご説明。

結露はなぜ起こる?

結露が起こる原因は、至って簡単です。外気の冷たい温度と室内の暖かい空気が窓際で、ぶつかり合う事で結露が発生してしまいます。このぶつかり合う空気を直接ぶつからない様にしてあげる事で、「結露」は防げます。

今ついている「窓」と室内の間に、もうひとつ「空気層」という層を設けてあげる事。これが二重窓を設置することで、空気層が出来る為に「結露」が防げるという事なんです。

YKKプラマードより画像参照

引用元:YKK

冬暖かく夏涼しい

内窓を付ける事により、外気の冷たい空気、夏の暑い空気を遮る事ができる為に、冬暖かく夏涼しいという性能があります。つまり暖房効果や冷房効果を高め、光熱費の削減にもなるという事です。

二重窓は防音効果もあります!

二重窓は、結露対策だけなく「防音」にも優れています。結露の時と同じように中古マンションのほとんどが、単体ガラスといわれるガラスがサッシについています。単体ガラスは、薄いために音の振動を通しやすいために防音性がありません。二重窓を設ける事で、窓が2つになる為音の振動を通しにくくなります。また更に二重窓のガラスを防音ガラスにすることで、より一層防音に効果があります。

YKKプラマードより画像参照

引用元:YKK

まとめ

リノベーションで二重窓を設置された方に、その後の変化をお聞きすると必ず「暖かいです」や「結露しなくなりました」などお聞きします。それだけ二重窓は、効果が感じれるという事だと思います。今の住まいよりより良くすることがリノベーションの前提です。家の雰囲気も大事ですが、生活に係る部分も忘れずに改善してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

ブログリスト

お問い合わせ