リノベーションで取り入れたい「フレキシブルボード」

路地裏にあるショップの様な家(大阪茨木市戸建て住宅)

マンションや中古戸建て住宅のリノベーションで、モルタル土間を取り入れるリノベーションが増えてきています。モルタルの質感や色のむらなどが「味」と捉える方が増えてきたというのも理由のひとつではないでしょうか。

ただモルタル土間は、硬化直後から髪の毛ほどの亀裂(ヘアークラック)と言われる亀裂が入ってきます。これはモルタルの性質上必ず出る現象で、構造的にも特に問題はないのですが気になる方が多いのも現状です。そこでモルタルに似た質感で同じような雰囲気を出せないか。となるわけですが、おすすめなのが「フレキシブルボード」という素材です。

フレキシブルボードは、セメントと石綿を水で混ぜて板状に加工した材料です。耐衝撃や耐水性に優れたボードで、一般的には下地材として使われてきました。

このフレキシブルボードですが、ぱっと見た感じモルタルの様な表情をしています。耐衝撃に優れているのでモルタルの様な割れやクラックが少ないですし、耐水性にも優れているので水回りの床などにもおすすめです。ただ良い点ばかりではなく、材料自体が「重たい」というデメリットもあります。なので現場で床などに使いたいとなると、まあまあ難色しめされます・・・

一般的に床の仕上げに使うときは、ビス止めとボンド止めで止めることが多いですが、よりモルタルの様な雰囲気にしたい場合は、ボンド止めがおすすめです。無骨な感じにしたい場合は、ビス止めの方が雰囲気は良いです。また壁のアクセントとして使っても雰囲気はよく、モルタルの割れが気になる方には「フレキシブルボード」を使ってモルタルの様な雰囲気を出す。という方法もあります。

フレキシブルボードは、元々下地材として使われていたため材料自体はとても優れた材料です。モルタルの代わりにフレキシブルボードをリノベーションの際に取り入れてみるのも如何でしょうか。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト