リノベーションでのお客様とのお約束ごと

  • HOME
  • お約束ごと

安心してお任せ頂ける様に「お約束」

わたしたちでは、安心してリノベーションをお任せ頂ける様に「お客様」と「わたしたち」との間にお約束事を設けています。

一級建築士が毎日現場チェックします

わたしたちでは、工事中必ず「午前」または「午後」のどちらかに現場に行き、工事の状況や不具合が無いかを自分たちの目でチェックしています。リノベーションでは、毎日工事の状況が変化していきます。今日見えていたところが、次の日には壁などで隠れて見えなくなることも多々あります。その為自分たちの目でチェックすることで、手抜き工事や図面との相違をいち早く見つける事で、事前の不具合などを発見し、適切な指示が出来る事とお客様に代わって工事の進み具合を常に把握し、変更などに迅速に対応するために、私たちでは、一級建築士自ら「1日1回必ず現場を自分の目でチェックする」こととしています。

完成後のトリプルチェック検査

リノベーションが完了すると通常施工業者の検査しかありませんが、私たちではまず、施工業者さん検の査を行いその後、私達が検査を行い不具合等がないか検査を行います。その後にお客様に再度チェックをしてもらいます。これは、最高の品質を実現するうえで必要な事と、何人もの目で検査することで所謂「見落とし」がないかをチェックできるからだと考えます。

一つ一つのパーツを自由に選定できる事

家つくりは、元々「すべてが自由に決められる」という事が大前提だったはずです。しかしいつの時代からか、限られた物のなかからしか選べない「選択制」という家つくりになってしまいました。私たちでは、そういった「家つくり」は、本当の「家つくり」ではないと考えます。好きな物を使ってこそ、本当の「家つくり」ではないでしょうか。もちろん予算もあるのは解っています。しかし初めから、決められて物しか使えないという前提の元で作る「家つくり」と予算はひとまず置いといて、自由に好きな物が選べる「家つくり」では、まったく違う「家つくり」だと思います。

最初から最後まで終始一貫して一級建築士が対応

物件の調査から工事完了・アフターすべてにおいて、私たちでは「一級建築士が対応」することと決めています。物件調査やお打合せ、工事中はもちろんですが、アフターにも必ず一級建築士が同席することとしています。よくある「業者さんだけお伺いする」という事は、決していたしません。

ご納得頂けるまで何回でも無料のお打合せ

初めてのリノベーションの方が、ほとんどだと思います。最初は「これでいいかな」と思っても、じっくり考えてみると「やっぱりこの方がいいかな」という事は、多々あります。もちろん工事中の変更も可能ですが、いざ工事が始まってしまうと変更できない所も出てきます。変更が出来ないと諦めて住んでいくよりも、お打合せの段階で、ゆっくり考えて頂き、またご家族で話し合って頂いた後にご納得してから工事に進んで行く方が、よりよい住まいになるのではないでしょうか。その為、私たちでは、お打合せに「回数制限」など設けずにご納得頂けるまで、何度でも無料にてお打合せいたします。

3Dパースでの完成後のお部屋確認

各図面を見て頂いて想像を膨らませて頂く事も重要ですが、実際はなかなか完成後の「イメージ」は掴みにくいのが現実です。その為に完成後のイメージをより一層掴んでもらうように「3Dパース」でお部屋のリノベーション後の雰囲気を見て頂いています。

工事中の写真や状況を常にご報告

壁や天井で塞がれて見えなくなる部分や工事の各工程ごとの写真を工事完了後にまとめてご提出しています。実際にどんな風に工事がされていたのか?や後々のアフターでも見返す事ができるためです。またその日の工事内容などを工事に携わる者がすべてが把握できるように、「現場ノート」をどの現場にも必ずおいています。その日の工事が終わった後にお客様が確認したいときに、今日はどんな工事がされたのかを確認して頂く事と、気になる部分を記載してもらう事が出来る様にしています。

困った時の完全アフター対応

私たちのアフターは、「半年、1年点検」といった定期点検ではありません。その理由として不具合と言うのは、いつ起こるか誰にも分からないからです。不具合が起これば、すぐに直してもらいたいと思うのが人の心情ではないでしょうか。その為不具合が出れば、すぐに駆けつけること。をモットーに、またアフターこそ迅速に対応するという事としています。

CONTACT