引き続き内装工事に床張りも進んでいます(神戸市戸建住宅リノベーション)

神戸市O様邸戸建て住宅リノベーション, リノベーション現場中継

神戸市でリノベーション中の戸建て住宅の方は、前回に引き続き内装工事が進んでいます。各部屋のクロス張り工事とともに室内窓の枠組みもできてきました。

クロス屋さんがクロスの施工をしている間に、1階では大工さんが床のフローリング張りに取り掛かっています。

フローリングは無垢材の無塗装という材料の為、張り終わった段階で「オイルフィニッシュ」という仕上げになります。オイルを塗って色を付けます。無塗装状態では、少しのべっとした雰囲気ですが、オイルを塗るとまた違う表情になります。

また今回は、壁の一部に「古材風」に仕上げた木板仕上げの部分も仕上がってきました。互い違いに張る「乱張り」に仕上という張り方です。ここもいい感じの雰囲気に仕上がっていました。内装仕上げが進んで行くにつれ終わりが見えてきました。

この記事を書いた人

吉村章弘
吉村章弘一級建築士
神戸・宝塚・西宮周辺を限定にマンション・戸建住宅にちょっと無骨な空間にレトロやアンティーク・ビンテージをプラスしたスタイルのリノベーションを専門にしている一級建築士事務所です。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト