今流行りのコンクリート現し仕上げ!注意すべきポイントはここっ!

その他

昨今リノベーションでよく見かける天井や梁にコンクリートを見せたお部屋が増えてきました。何とも言えない雰囲気があって憧れたりしますよね。ただコンクリート現し仕上げにも、守るべきポイントがありますのでそのポイントについてお伝えしていきたいと思います。

リノベーション時のコンクリート現し仕上げのポイント


コンクリート現し仕上げは、みせる為の仕上げではない。という事をまずは知っておきましょう。天井のコンクリート部分は、上階の床を支える為にあるもので、室内に見せるという想定で作られていません。室内のクロスなどで隠れる事を想定して作られている為、コンクリート自体綺麗に仕上げている訳ではありません。

その為少しボコボコしていたり、当時の工事中の指示事項などが書かれている場合があります。リノベーション後に、この上から塗装などしても決して綺麗に仕上がるという事はありません。

しかしこういうちょっと味のある仕上げが魅力的な部分でもあったりします。

解体して初めて解る事も多々・・・

元々の天井や壁で隠れている訳ですから、実際に解体してみないと目で見る事ができません。いざ解体してみると、大きなヒビや亀裂・汚れなどがある場合があります。

汚れは長年蓄積されたものになるので問題ありませんが、大きなヒビや割れは、建物に重大な影響を及ばす可能性があります。もし解体した時に、大きなひびや割れが見つかった場合は、すぐに工事を中断し、担当の設計士さんや管理組合さんに報告する事が大事です

コンクリート現し仕上げは何処でもしてよいという事ではありません

コンクリート(躯体)現し仕上げをしている、リノベーションの事例などをインターネットなどでみていると、間違った使い方をしている所もあります。

これは提供している側の、知識の無さと今流行りという所から起こる問題点です。コンクリート(躯体)現し仕上げとしてはいけない所が、2つあります。この2つの箇所をコンクリート現し仕上げにしてしまうと、住んで行くににつれ、結露やカビといった問題が、発生してきますのでもしこの部分を「コンクリート現し仕上げ」にと今お考えの場合は、中止すべきです。

外気に面する壁

外気に面する壁に、コンクリート現し仕上げとすると「結露」の原因になります。コンクリートは、暖めにくく冷めにくいという性質があります。夜の冷気で冷やされた外周面に面する壁は、朝になってもなかなか冷めず室内で暖房などで暖められた空気と衝突し結露を発生させます。また夏場では、昼間の太陽により暖められた外周面は、夜になっても冷めず、サウナ状態になってしまいます。この為、外周面に接する壁をコンクリート現し仕上げにすることは、住めない家になってしまいます。

最上階の天井

最上階の天井は、上に住戸が無いため太陽の熱を直接受けています。その為マンションでは、最上階の天井裏には、必ず「断熱材」が施工されています。この断熱材を無理やり取ってコンクリート(躯体)現し仕上げにしてしまうと、

夏場はサウナ、冬は極寒

になりとても住める家ではなくなってしまいます。

ルールを守ってあげれば魅力的な仕上げ


コンクリート(躯体)を見せた仕上げは、最近注目されてきましたが、昔からお店などでは頻繁に使われていました。カフェやちょっとお洒落な雑貨屋さんなどでみかけたことありませんか。

ただ住宅で使うには、あまり綺麗な仕上げでないので、どちらかというと住宅には不向きという考えから敬遠されてきました。しかし昨今、綺麗な仕上げだけが仕上げではなく、ちょっと味のある仕上げ方法を魅力に感じる方や元々コンクリートのもつ質感が好きな方や天井を作らずに出来るだけ部屋を開放的にみせたいと思う方が増えてき、住宅でもコンクリートを見せる仕上げが使われる様になってきました。

人気になると必ずおこるのが、「まちがった使い方」です。コンクリートを見せる仕上げ方法は、天井を高くみせたり、天井をつくらないのでコスト削減にもなりますが間違った使い方をすると、暑かったり寒かったりと「住めない家」になってしまう場合もあります。

コンクリートを見せる仕上げを取り入れる場合は、ルールをしっかり守ってあげてる。

ルールさえしっかりと守ってあげれば、魅力的な仕上げ方法のひとつです。

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT